■優良サイトの選び方

出会い系サイトをいざ使ってみようと思ったときに、一番最初に悩むのがどこのサイトに登録すれば一番出会いやすいのかということです。

ビル看板の広告だったり、インターネット広告だったり口コミだったりさまざまなサイト選びの基準がありますが、なにをみたら一番参考になるのかわからないですよね。

そこで、そんな出会い系サイトに迷っている人のために、本当に優良なサイトの選び方を細かくコツなどを解説しているので、これから使おうと思っている人は参考にしてみてください。

以下の説明を読めば優良サイトに出会って、理想の相手にも出会えると思います。

●出会い系サイトの選び方が重要

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは会員数が多いところに登録すればいいと思っている人がいますが、全くそんなことはありません。

出会い系サイトには、コツを覚えれば簡単に出会えるサイトと、全く出会えない詐欺サイトのふたパターンにわけられます。

前者のサイトは本当に出会いやすい登録者数が1000万人規模のサイトで、後者はスパムメールなどを大量に送ってくる悪質サイトです。

後者は完全に詐欺サイトで、女性は全くおらず、男性をだますためだけに作られたサイトです。

こういった悪質サイトには一般の女の子は登録しているはずもなく、サクラばかりで、他のサイトに誘導したり、広告メールを流したりして稼いでいます。

もし本当に異性と出会いたいと切実に願っているのであれば、後者のような女の子がいない悪質サイトに登録しないように注意しなければいけません。

そのために出会い系サイトの真贋を見極める目を身につけなければいけません。

●会員数が多いサイト

会員数や知名度の多さは出会い系サイトを選ぶときに一番重要なポイントです。

会員数や知名度が多い老舗の大手サイトであれば女性の登録者数も必然的に多くなっているので、それだけ出会いのチャンスがあるということです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかというと累計の登録者数が300万人以上いれば圧倒的に出会いやすいサイトといえるでしょう。

300万人以上の会員数というのは常にサイトを利用しているわけではありませんが、1000人以上は一日にログインしていると言うことなので、出会いやすさには変わりありません。

それから知名度や会員数の他に優良サイトを見極める方法として運営実績もチェックしましょう。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトはサポートが行き届いているので、初心者の人でも何でも聞きたいことを些細なことから聞けるので使いやすさが抜群にいいです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●特定商取引方が書いてあるかどうか

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものは簡潔に言うと異性紹介業という商売ですから、きちんと届け出をださなければ運営してはいけません。

逆に、会社情報を記載していないサイトというのは、悪質サイトといっても過言ではありません。

インターネットで何らかの契約を結ぶときはトラブルが生じやすいので、事業者は消費者に特商法に基づきサービス内容を詳しく解説しなければなりません。

特商法に照らし合わせて考えてみると、ワンクリック詐欺というのは、消費者に対してサービス内容を提示せずに契約しているから無効ということになるのです。

お金が発生することを別のページで表示するなど、料金体制をわかりにくくしているときも契約無効となります。

会社情報についてもいろいろな項目を記載する必要がありますが、住所や電話番号はもちろん、いろいろなことを書かなければなりません。

住所は丁目や番地の他に建物名なども記載しなければなりませんが、悪質サイトの場合はこのページすらないところが多いでしょう。

そもそもページが存在しないか、存在していたとしても、バーチャルオフィスだったりすることが多いのです。

悪質サイトに記載されている住所をネットで調べてみるととても会社があるようには思えないような場所だったと言うこともあります。

悪質サイトは会社情報や特商法の情報がないので、そういうサイトは悪質サイトだといっても間違いないでしょう。

もちろん大手の老舗サイトは優良サイトなので、安心して利用してください。

●利用規約は会社の義務

利用規約が書いてあるかどうかと言うのは健全な会社かどうかを判断する上でとても大切な要素です。

なので、利用規約の表示がなかったり、隠されていたりするサイトは悪質サイトや詐欺サイトの可能性があるので利用するのを辞めておきましょう。

出会い系サイトにかかわらず、多くの人がこういったサービスの利用規約をよく読まずに登録しがちです。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、利用規約にこれだけの料金が発生すると書いてあるだろという寸法で、高額請求をしてくるというわけです。

悪質サイトなどのトラブルに巻き込まれないように利用規約は必ず確認するようにしましょう。

●有料の方が安心!

インターネットが一般に広まり始めた一昔前のころでしたら、無料サイトを利用しても悪質サイトなどはありませんでしたが、最近では無料サイトは稼げるとわかった悪い人たちが悪質サイトばかりを運営しています。

無料で女の子と出会えるという広告は魅力的ですが、実際に無料サイトを使ってもそもそも女の子が存在していないので出会うことはできません。

有料のサイトはお金がかかりますが、その分いくらでも女の子と出会うことができますし、サポートも充実しているので、使いやすいです。

有料出会い系サイトでかかる費用は、安心してゆったりサイトを使えるので、対価としてはやすいものだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、本当に優良な大手のサイトだとメール一通当たりの金額は100円以内に納まります。

悪質サイトと呼ばれるようなサイトでメールを送ろうとすると一通当たり200円以上もかかってしまうのです。

そしてそういった高額請求をしてくるサイトというのはサクラばかりがいるので、出会えません。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに都度払いのポイント制のサイトか定額制の月額サイトか、どちらがお得に使えて出会いやすいのか迷う人はいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポイント制のサイトは出会い系サイトになれている人や、安上がりで使い方を身につけている人、定額制のサイトは初心者の人や真剣な恋人を求めている人におすすめです。

ポイント制のサイトは都度払いで使いたいときに使いたいだけ使うことができるので、出会いのテクニックがある人はお得に使うことができるでしょう。

ですが、出会い系サイトを始めたばかりの人が使うと、思ったよりも寄り道をしてしまってポイントを無駄に使ってしまう傾向があるので、余計に費用がかかってしまうかもしれません。

定額制ならいいのかと言いますと、定額制のサイトはポイント制のサイトと比べると会員数が少ないというデメリットがあります。

なので、自分が求めているようなぴったりの相手と出会うまでに時間がかかるというデメリットもあります。

どちらの料金体制のサイトにも一長一短がありますので、どちらが自分に合っているのか両方使ってみるというのも一つの手です。

●別のサイトへ誘導しない

これは無料の出会い系サイトがよくやっている手法ですが、一つのサイトに登録させることにより別のサイトにも同時に登録させる手法です。

そして、そのサイトではなく、別に同時登録されているサイトから一日数十件単位でメールが送られてきます。

もちろん、その数十件のメールはすべてサクラから送られてくるメールなので返信してもお金がかかるだけです。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていないので、同時登録をしているサイトがあったら利用するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢認証がある

出会い系サイトの運営事業者には、利用者の年齢確認が義務づけられています。

なので、必然的に年齢確認をしていないサイトというのは不法に運営しているサイトなので、悪質サイトといえることができます。

ちなみに、出会い系サイトが年齢確認をしているかしていないかにかかわらず、未成年と性的交渉をすることは違法なのでやめておきましょう。

●優良サイトランキングから選ぶ

もちろん当サイトのようなランキングをしているサイトから本当に使えるサイトを選ぶことも一つのいい選び方です。

なので、もし自分で出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶのが面倒だったら、ぜひ当サイトが紹介している出会い系サイトを使ってみてください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。